福岡市南区 うしろがた歯科医院
CTで診断する目的
CT画像は、高度歯科治療(インプラントや歯周病治療など)の診断に有効であり、従来の平面画像では難しいとされた骨幅の確認などが行えます。
CTで撮影した口腔内画像を様々な角度から診断する事で、より安全で適切な治療計画を立てることができます。
高度歯科治療のセカンドオピニオンに利用していただくことも可能です。
下顎奥歯に埋入したインプラントCT画像
咬合平面に平行に根の真ん中付近を切断したところ。
@の赤線に沿って縦に切断したところ
 
パノラマレントゲンでも同じようなものが撮れますが、これほどハッキリと歯の神経(中心部の縦のスジ)が映るのはCTならではです。
画像を分析して立体的に再現した
3D画像。
@の青線に沿って横に切断したところ。
このように、CTを使用すると歯がどのように埋まっているのか、様々な角度・高さから詳細を確認でき、正面からではわかりづらい歯根の前後の位置まで確認できますので、安全で適切な治療が可能になります。
当院使用の歯科用CT装置について
当院では、従来の装置と比べ、エックス線の照射時間と、撮影領域を必要最小限に抑えたCT装置を使用しております。
 
従って撮影時の被ばく線量が少なく、安心して撮影していただけます。
-このページ上へ-
うしろがた歯科医院
| 医院紹介
| 診療案内
| インプラント
| 審美・ホワイトニング
| 妊婦歯科検診
| 歯科用CT
| スタッフ紹介
| Q&A
〒811-1313 福岡市南区日佐4丁目25-1
TEL 092-592-3200